自己破産という言葉を、一度は聞いたり、あるいは目にしたりしたことのある人も多いでしょう。

 

これは債務整理の一種で、借りたお金を返済しようにもお金が無い場合に破産を申し立て、免責を受けることです。この免責が下りた時点で、それまでの借金はすべて帳消しとなります。

af9920069512w

とはいえ、ただ返済できないからといって誰でも破産できるとは限りません。月々返済できるだけの収入がある場合や、不動産や家財道具を売却できれば返済できるような場合には、申立をしてもできないことがあります。本当に収入が少ないとか、失業状態であるとか、あるいは生活保護を受けている、売るべき財産がない、そのような場合にのみ申し立てが認められ、破産が決定します。申立人に多少の財産がある場合には、破産管財人が間に入り、その財産をお金に換えて、債権者に分配する手続きが行われます。

 

破産することのメリットは、借金が帳消しになること、それによる生活のやり直しができることです。

 

またデメリットとしては、官報に住所氏名が記載されること、申立からしばらくの間は金融関係の仕事につけないこと、免責決定後7年はローンを組めないことです。とはいえ、官報の情報をのぞく人はそういませんし、金融関係の仕事も、免責が下りれば復職できるようになります。

 
ガリバー中古車