ダイエット 腹筋

サイトマップ

短期間で腹筋ダイエット

下っ腹のたるみが目立ってきた人は、腹筋ダイエットをしてはどうでしょう。鏡を見るたびにぽっこりと出たお腹を見てがっかりしている人もいるでしょう。腹筋ダイエットは、お腹まわりのお肉を引き締めたいと考えている人におすすめしたいダイエット方法です。お腹周りのダイエットには3方向から引き締めることが重要です。3方向とは縦の腹筋、くびれを作る斜めの腹筋、横の腹筋の3方向です。3種類の方向から腹筋を強化することで、お腹の脂肪を燃焼させることができます。時間をかけずにお腹ダイエットをしたいという人は、ダンベルを使ったエクササイズなどで効率的に筋肉を鍛えていきましょう。大体500グラムから2キログラムのダンベルを使って、上げたり下ろしたりができるものにします。ダンベルの代わりに水を入れたペットボトルでも構いません。ぽっこりと突き出たお腹を早めに何とかしたいという人は、ダンベルを使って腹筋を三方向から鍛える運動をしてみましょう。最初のうちは筋肉痛になってしまうかもしれません。どうしても痛いときには無理をせず休むことも大切です。腹筋は結構な負荷をかけてもいい筋肉なので、3方向からの腹筋ダイエットを1セットした程度では支障ありません。習慣化してコツコツと腹筋ダイエットを続けることによって、引き締まったプロポーションになれるでしょう。

横腹筋を鍛えるダイエット運動

ダイエットのために腹筋を鍛えるという方法は、時間がつくれない人でも毎日できます。お腹まわりを引き締めるためには3方向から腹筋を鍛えることが大切です。まずは横腹筋を鍛えるダイエット運動をご紹介します。この方法は、横の腹筋に負荷をかけることによって、太ももを始めとして下半身も引き締めます。ダンベルを使うのですが、慣れるまで500mlのペットボトルでも構いません。お腹にきれいなくびれをつくるためには、腹筋を積極的に使うダイエットがいいでしょう。家の中でできますので、テレビを見ながらでも運動は可能です。まずダンベルを両手に持ち、足を肩幅に開きます。ダンベルを持ったままの手を肩の高さまで上げ、腰をそらさず、後方にひっくり返らないようにします。右手に持っているダンベルを左足タッチするように体を左側に倒します。両ひざは伸ばしたままで自分がタッチできるところまでで良いそうです。左右交互に体を傾け、それぞれ15回ずつやると1セットです。ダンベルを持ってこの動きをすると、随分腹筋の運動になります。ダンベルを使った腹筋運動のポイントは、重さに振り回されないようにすることです。個々の動作を早くしすぎないように、ゆっくりめにダンベルを動かすことが大事です。腹筋ダイエットをしている時は、食事の改善にも取り組んだり、鏡で体型チェックをするといいでしょう。

腹直筋を鍛える腹筋ダイエット運動

腹筋ダイエットの一環として、腹直筋を刺激しお腹のたるみを解消するという方法が存在します。蹴り上げる動きで腹直筋を鍛え、片足でバランスを取る動きで、さらにお尻を引き締めます。肩の筋肉を増やし、二の腕を細く見せるためのダンベルを持って前に出す動作を一緒に行うという運動になります。1〜2キロ程度のダンベルをひとつ両手で持ちます。足は肩幅に開きみぞおちを引き上げ姿勢を整えます。左膝は直角に曲げつつ、右足を後方に引きます。両手は前へ、右足裏はめいっぱい伸ばします。肩の力を抜き、肩と耳が離れるようなイメージを頭の中に描きます。腕に右膝が触れるくらい伸ばしたら、最初の姿勢に戻ります。1セットが右と左で30回ずつです。丁寧に運動をすることによって、筋肉に荷重がしっかりかけながら体を動かすことができるでしょう。ダンベルを使って負荷をかけるときのポイントは、ダンベルの重さに身体を振り回されないようにすることです。効果的な腹筋ダイエットをするためには、反動がかからないようにダンベルを動かすことが大事です。腹筋ダイエットで大切なのは、毎日コツコツ続けることです。腹筋が割れているのを確認できるまでになるには、下腹部の脂肪をきちんと燃やす必要がありますが、できない話ではありません。お腹を引き締めるため、腹筋ダイエットを続けましょう。

「腹筋を鍛えてダイエット」について

腹筋を鍛えてダイエットしよう

Copyright © 腹筋を鍛えてダイエット. All rights reserved